箸転

箸が転がってもおかしい年頃を過ぎた4人の色々おかしいブログ

「殿、利息でござる」観て来ました

f:id:u-ront:20160531232456j:plain

こんにちわ!和緒です。

この間「殿、利息でござる」を映画館で観て来ました。

面白かった!
ネタバレなので観に行く予定がある人は今日の日記は読まないようにご注意を!

 

 

映画のタイトルから普通に

家来の中のお金持ちがお殿様にお金を貸して利息で大きく儲けて
殿と家来の立場が逆転し、殿を精神的に追い詰めるような感じのコメディ…

だと思ってました。

でも実際は全体的にコメディテイストである以外は全然違いましたね。

 

 

 

 

 

まずこの映画は利息を貸してからの話ではありません。


殿にお金を貸し利息を取るに至るまでの努力と苦労を描いた作品です。

しかもこれ実際にあったお話なんですって!

 

まず、お金を貸したいのは一般庶民!

しかもお金持ちではない方の一般庶民です。

 

f:id:u-ront:20160531233539j:plain

その人達が住む村は立地上お金回りが悪く(人があまり来ない栄えていない宿場町)
さらにお上の荷物を別の村まで運ぶという大変な労力を必要とするお役目まで担わされていました。

そのお役目に必要な
馬を買う金、馬の飼葉を買う金、馬の世話をしたり荷物を運ぶ人手にかかる費用。
そのすべてが理不尽にもお上ではなく役目を負わされた村の人々が出さねばならなかったんです。


村人達はどうしても立ち行かなくなり夜逃げする人が後をたちません。

しかもその逃げだした人の分は残った人々がさらに負担しなければならないため、また夜逃げする者が出るという悪循環…。

 

そこへある村人が酔った席の戯言で「お殿様は金に困っている。お上に銭を貸し利息を貰おう」と言い出しました。

それをきっかけにそんなギリギリの状況の中から何とか村を助けたい!そう思っていた村人の一人が立ち上がり、賛同する者が徐々に集まるのです。

 

しかし、肝心の貸す銭はほとんどありません。

 

村の中でも立場や育ちの環境が違う人々がそれぞれの思惑と信念を持って集まり
少しずつ自分達の出来る努力を積み上げ、知恵を寄せ合わせて状況を変えていく
そんなお話だったと思います。

 

これがね…!凄くいいんだわ!
その当時の日本には、自分の努力ではどうしようもない様々なしがらみがあったんですよね。


お上は勿論の事、立場が上の者に下の者は逆らえないという超えられない身分の差。

家の事情で同じ村の中にも関わらず養子に出されてしまった家族のすれ違い

 

生まれた時代と場所に苦しめられた人々の想いを垣間見ながら

世間はみんな自分の身を肥やす事ばかり考えていた中でそれでも義理人情に厚い心!

人を救いたいと無欲に願い心を尽くす人が実際にいたんだなぁと本当に関心させられます。胸が熱くなりましたね。

 

また昔の日本人の他者を慮る精神がお話にちょくちょく出てくるから和緒さんの心にズブズブ響くんですよ。


「そんな…人を助けたいと願ってこんなに自分や家族を犠牲にしているのに、なぜそんなにもへりくだるんだこの人達?!聖人かなにかか?!(゚Д゚)」みたいな?

 

そんな文化…今じゃあ絶対ないなコレ(笑)

もちろん、そこまで精神レベルの高い人ばかりではないから仲間内でも温度差があったりします(笑)

そのあたりはとても楽しくコミカルに描かれていました。
話の構成もとてもよく出来ていて凄いおもしろかったし、後味も良い作品でした。


皆にお勧めしたい…でも気づいたことが一つ。

映画が終ってトイレに並んでいたら、半数以上がかなりのお年寄りばかりでした。

あ、あと当然映画は日本語なのに、日本語の字幕が出続けてたな(耳が聞こえない人用?)
こんな風景みたの初めてだったからちょっと驚いたかな(笑)

まぁ…たしかにお子様だと

「なんで役人とかお城にいる人達はこんなに偉そうなんだろう?」

「なんで主役っぽいこのおじさん達は、んな嫌な奴らの言いなりになってるんだろう??」って理解できなくて楽しくないかもね(苦笑)

 でもこれも少し前の日本に実際にあった事なんだと思うと興味深いですよね。
本当おすすめです。

お子様にはズートピアをおすすめしますが、二十台後半からは「殿、利息でござる」を薦めたいですな!゜+.(・∀・).+゜.。

 

 

 

最後になりますが、この映画が始まってすぐのことです。
実は和緒のお腹が盛大に鳴りまくってしょうがなかったんですよね…(≧Д≦;≡≧Д≦;)
映画は音楽が少なくて、セリフだけのシーンも多く回りの人に聞こえないか冷や冷やしてました。
でもお茶しか買ってなかった。+゚(゚´Д`゚)゚+
お腹の虫をなんとか抑えたくてガブガブ飲んだんだけど…水分じゃ止まらないんですね(T△T)

そこでハッと思い出して、ポーチの中をさらいます。
常日頃から持っていた、にんにく食べた後の口臭防ぐあれ!

噛んで飲むブレスケア!

 

 

これが一粒だけ残ってたんで、藁にもすがる想いで飲み込みました!

すると…なんということでしょう?
豆粒一つくらいの大きさのグミなのに…見事に腹の虫が収まったではありませんか!!
しかも私の場合だけかも知れないけど、二時間十分の映画中一度も鳴りませんでした。
終った後のトイレで再度なったので、まさに映画一つ分の時間もったわけですな!

ちなみに映画の後半で隣人の腹の虫が聞こえたから私の腹の虫も誰かに聞こえていたかも知れません…。
改めてブレスケアさまさまというお話…………

じゃないよ!!!(;゚Д゚)クワッ!!


「殿、利息でござる」
面白かったから観に行ってね!ってお話でした(´Д`)ノシ