箸転

箸が転がってもおかしい年頃を過ぎた4人の色々おかしいブログ

ご焼香の意味、知ってる?

f:id:kiyuw:20151226184904j:plain

どうもー。渡里希由です。

昨日から少し気分上昇しましたよー。

大好物のたこ焼きを食べたからですかね?w

 

さて、最近親戚の法事がありました。

親戚一同が集まる機会もあまり無いので、顔合わせとしては良い機会ではあるかと思うんですが、渡里は親戚と特に仲が良い訳でも無いし、仲良くなろうとかも思わないので面倒くさい行事ですよねー。

こういうことを言うと罰当たりですね。すみません!

 

さて、そこのお寺のお坊さんは結構おしゃべりな人で、式を始める前にお寺の歴史や由縁など色々説明してくれました。

その内の1つ、ご焼香についても説明してくれました。

 

みなさんは知ってますか?

ご焼香をする意味を。 

 

目次

 

 

 

渡里的ご焼香の解釈

お通夜やお葬式、法事で必ずと言って良いほど行う機会があるご焼香。

細かくされた香をつまんで、香炉にパラパラすると煙が上がるやつですね。

1回やるんだっけな?3回やるんだっけな??どうするんだったっけな・・・って。えぇい、前の人の真似すればいいや!みたく毎回何となくやってたアレです。

渡里は、亡くなった人に向けて、その人が何となく必要だったり喜んだりするんだろうなぁと思って、お香を上げていましたが。

実は違いました(笑)

 

 

ご焼香の本当の意味するところ

お坊さんが言うには、自分の身を清めるためにお香を上げるそうです。そうしてから、故人のご冥福を祈る、ということらしいです。

 

なんてこった!自分のためだった!!!

 

今まで何の疑問も持たずに何となくやっていたので、ちょっと衝撃を受けました。

なるほど、確かに俗世にまみれたこの身は穢れたものかもしれない、そんな身を一つまみか三つまみのお香で清められるかは甚だ疑問ではありますが、そうだったのか!と。

 

今度からは、三つまみくらいはしたほうが良いかもしれない・・・!!

 

と思った渡里でした。

でも、そのお坊さんはあんまりお香を焚くと、煙くなるので程々で大丈夫ですよ、とやんわりおっしゃっていました。

要は気持ちが大事なんですね。

 

あと、ググッたところ、宗派によってもご焼香の回数は違うみたいです。

ちょっと賢くなった渡里でした!

詳細が気になった方は、

焼香 - Wikipedia など参考にしてみてくださいねっ☆(丸投げ)

 

ということで、今日はこの辺で。

では、また!