箸転

箸が転がってもおかしい年頃を過ぎた4人の色々おかしいブログ

やめられない止まらない、魅惑の穴掘り

f:id:aaafrog:20160331121807j:plain

みなさまごきげんよう!

嗚呼蛙でございます!

 

みなさんは穴掘りはお好きですか?

穴掘りといってもスコップで地面を掘るヤツではありません。

耳かきとか、へそのゴマ取りとか、体の穴を掘るヤツ。

 

実はわたくし、あの手の行為が超絶大好きなのです。

でっかい耳垢がゴロっと取れた時とかめっっっちゃ快感じゃありませんか?

 

ということで今日は、穴掘りの魅力について語りたいと思います。

 

目次 

 

 

 

スポっと抜けた超快感

先日、嗚呼、学習の日々の方で魚の目治療の記事を書いたんですが、やってみたらこれがもう超快感でしてね。

魚の目の芯がスポっとキレイに気持ちよく抜けてですねー、その瞬間のゾクゾク感は何者にも変えがたいものがありました。

 

この感動、何に例えたら伝わるでしょうか。

 

潰したニキビから油の種がちゅるんと出てきた時とか、鼻の角栓に溜まった脂をピンセットでしゅるーっと抜いた時とかの快感に似てるんですが、それらの快感よりも10倍くらい強い快感なんですよ。

記事に載せたこちらの写真※閲覧注意を見るだけであの時の脳内物質がドバーッと出た感覚を思い出して幸せな気持ちになれます。

 

ささくれをむしったりする行為と大事無いはずなのに、魚の目取りだとこんなにも強い快感を引き起こすなんて本当に不思議ですよね。

 

 

この快感は遺伝子に刻まれたモノに違いない 

たぶん、自分の体から何かをほじくり出す快感は、遺伝子に深く刻まれた人類共通の本能なんじゃないかと思うんですよ。

決して個人的なフェチズムとかじゃないんです。

 

昔々我々が猿だった頃、体に入った異物を取り除きたい欲求がない人間はどうなったと思いますか?

異物を放置したことで病気になったりしてバタバタ死んだに違いありません。

すると、異物を取り除くことに快感を覚えない遺伝子は淘汰されていき、快感を覚える人間の遺伝子が多く受け継がれたことになるはずですよね。

 

どうです?

納得じゃありませんか?

 

魚の目ができた際は、ぜひ芯を取り除いて見てください。

超快感ですよ!

  

それでは、今日のところはこの辺で。

ガチ百合さんがゆく!嗚呼、学習の日々もよろしくお願いします!

嗚呼蛙でした。